イントロクイズとロジック

0

     

    少し観たいと思った録画した動画などは中々観ずに溜まっていくことがあると思います。
    面白くて絶対観たいものは私生活の楽しみの基軸として普通に観るのですが、
    そうでない微妙なラインのものは困りますね。


    一気に消すっていうのもあれで、
    番組表から面白そうなの探して録画予約ボタンを押して手配した労力とは何だったのか、
    もしかしたら一部得られるものがあるのではないか、話題として知識に入れておくべきか、
    自分から遠い情報だけど創作の足しに成りうるものかもしれない、
    などという葛藤からHDDの肥やしにしています。
    また自動週間予約して放置して溜まってしまうのもあります。


    ある程度は断捨離しても自分にとっては重要な講座系の番組も多く、色々なジャンルを満遍なく観るってのは
    物理的に視聴時間確保が難しかったり。


    そこで最近やっているのが、イントロクイズとロジックという観かたです。


    あまり観る気はしないけど、観ないほどでも無いドラマやアニメ、番組などがあるとします。


    イントロクイズは簡単に言うと、
    映像の最初の部分だけ観て、一時停止して展開と結果を予想して、
    倍速視聴か早送りして答え合わせをするというものです。


    推理小説ものならどうミスリードして最後は誰が犯人か、
    恋愛ものならどういう悩みを抱えて誰と誰が組み合わさってどういうオチか、
    ギャグものなら誰をフォーカスして展開してギャグで落とすのか感動で落とすのか、
    競技系なら誰が勝つか、番組のクイズなら答えは何か、
    みたいな観かたです。


    こうやって視聴すると、観る気がなかったものだけど意外と面白い展開や演出であることを発見して楽しめたり、
    予想が当たって自己陶酔できたり、
    物書きする上で入れておくべき遠い情報だけど楽しく観れてすんなり頭のなかに知識が入った、
    という利点があります。


    ロジックは数回話数を重ねて見えてくる作者や番組制作者の癖から照らし合わせて展開や演出や結果、
    今後の構成自体を予想して、早送りでチェック、ロジックが完全に見えたらもう観ない、っていう観かたです。

    これは皆がごく自然に飽きて観なくなる、という誰でもしてることですが、
    創作の足しにと観る情報収集マニアの自分にはすごく難しかったのです^^;

     

    もちろん、普段かならず観る面白い番組はこんな予想などをせずに頭を空っぽにして見ます。

    そうして楽しみにするべきもののメリハリをつけないと空虚で退屈となってしまうからです。

     

    最近は全番組自動録画して観たいのを選べるレコーダーもあるようです。
    放送後にネットで話題になってたらティーバーやツタヤTV動画配信などとかで1話から観てみる、ってのもありです。
    毎回全部情報を集めるという行為自体も塵も積もれば山となるので大変な労力となってくるので注意したい所です。


    しかしながら何も観なくなってしまう状態は仕事に集中すべき時は良いですが恒常的にそうなると
    暗くなってしまうと感じたので適宜面白そうな番組は観るスタンスが大切なのかもしれませんね。

     

     


    クイズ的嗜み

    0


      最近電子書籍を色々と買っているのですが、他のサービスで貰ったポイントやクーポンで
      紙の本の1/3くらいで買えてしまうため、たくさん買って積読状態になっています。


      iphoneやipadに入れてスキマ時間にそれを徐々に見ていこうとしてもどんどん魅力的な本をポチるため読むのが追いつきません(笑


      最近はお医者さんが書いた本、脳科学、心理学系の本など(どれも読みやすい本)を主に読んでいるのですが、
      数冊読んでいくと書いてある結論や結果などに共通点が出来てきます。


      まずは目次の段階で興味ある項目で、筆者がそこで何を言いたいか、あるいは実験でどういう結果なのか、
      クイズみたいに答えを考えてから正解を見るように目次からジャンプして文章を読みます。


      そして予測した通りである時に脳にワクワクする電気信号が走るのです^^


      こうやって読むと速読に近い形で読み進められて、内容もしっかり入ってきて積読した本が
      ゲームみたいになってどんどん読めてしまいます。
      現代文のテストみたいですね。
      そして得た知識を私生活や仕事・創作に活かすと。

       


      普段当たり前と思っている、ある程度経験から予測して理解してそうな現象も、
      分解していくと化学反応で引き起こされている感じの細かい仕組みが分かってきて、
      脳や体、物事をある程度狙った状態に持っていくことが出来ると分かってきました。

       


      とは言えお医者さんが勉強している専門的なことまでは分からないのですが、
      噛み砕いて実用的な段階までは理解出来た気がします。

       


      読んでいる中で面白いと思った一つ例として、
      「やる気スイッチ」というよく耳にするものについて。

       


      やる気、集中力、情報社会、という3点は密接に関係していて、
      ものすごく捗って作業や仕事が出来ているときもあれば、何か立ち上がりが鈍く、
      動く手も脳の回転も悪いというときがチグハグに来ることがあります。

       


      それに対して自己啓発本などは様々なアプローチや奮起する言葉やエピソードなどで
      読んだ人に対してやる気のきっかけを作ってくれるのですが、
      こういうきっかけづくりなどではなくやる気や集中力低下の”根本的原因”を脳科学などから説明すると、
      たくさんある要因の一つにワーキングメモリが絡んできます。

       


      脳の機能であるワーキングメモリについてざっくり言うと、
      短期記憶で覚えられるのは7つであり、
      それ以上の情報が入ってくると脳へのストレス負荷がかかり気付かず徐々に混乱状態となります。
      その混乱状態が集中力と作業効率を著しく低下させてしまうのです。

       


      イラスト制作で例えると、
      肌色を塗って、影を描いて、ハイライトを描いて、フレネルを描いて、反射光を描いて、ブラシでぼかして、
      線画の色を個別に変えて、フレアのエフェクトを個別にかぶせて、パーツサイズを変えて…

       


      このように8個以上の工程を連続でいっぺんにやると、脳がじわじわとやる気に減点を加えていきます。
      工程が多ければ多いほど減点が大きくなっていきます。
      これによって集中力がぶつ切れ状態になります。ネット回線が不安定で遅かったり早かったりする感じですね。
      そして作業効率が著しく低下して作業自体を放置となります。

       


      解決方法は脳への負担を減らす、1つの工程をまず終わらせてから次の工程へということになります。
      これは絵師さんなら自然と工程ごと分けてやっているとは思いますが、
      色々な新しい作業の中で工程をまとめてやろうとするほどやる気と集中力が途切れてしまいます。

       


      そして現代社会での落とし穴が一つ。
      スマフォやPCでの「通知」です。
      作業中はまったく無視してるから大丈夫と思っていても、脳は大丈夫じゃないようです。
      お医者さん曰く、通知一つひとつがワーキングメモリに入り込んで来ます。
      あとで読む、といった感じで大切な作業中の短期記憶領域を使ってしまうのです。
      通知数が多いほどやる気と作業効率を減点していきます。

       


      解決方法は、
      集中してやるべき作業のときは、PCなら通知OFF、スマフォならどっか気づかない場所に隠してしまうことです。
      そして作業が終わって休憩のときに来た通知を見ます。
      重要なポイントは、視界にスマフォを置くことでも脳が潜在的に注意を払ってしまって
      やる気と集中力を減点させているという点です(これも実験でわかったようです)。


      お知らせ通知自体は悪いものではなく、情報社会でタスクをこなしていく分には便利なものです。


      もちろん、ネットサーフィンに関しても作業中にしてしまうとワーキングメモリを占領してしまいますので注意です。

       


      またやる気に関してはこれだけではまだ説明し尽つくせない他の要因も絡んでくるのですが、
      複数例を取り上げると、

       


      ・何から手を付けて良いかわからないものへはやる気が起きない
      ・何百回以上も繰り返しをしている作業に関してはやる気の度合いが低下していく
      ・面倒、不安、という心理的要因があるとやる気が起きない
      ・目的が大きすぎるとやる気が起きない
      ・睡眠の量でやる気や作業効率が大きく変わる
      ・食べ物、GI値のコントロールでやる気の立ち上がりや継続の度合いが大きく変わる
      ・運動と筋力でやる気と集中力が上がる

       


      などが存在します。
      特にGI値(血糖値)に関してはバリバリ手術するお医者さんや最前線で戦うスポーツ選手などは
      ものすごく当たり前のように、最高のパフォーマンスを出すために徹底して知識を持って管理しています。
      面白いのは当人たちはそれがストイックで厳しいものと捉えているのではなく、
      常に最高のパフォーマンスを出すための悦びや優越感に近いものになっていることです。

       


      作業の継続の方法は、
      作業のとっかかりであるルーティンや習慣化、新しいものをこまめに混ぜ込んで行く、
      というものや、
      何をやっても続かないときは”脳がダメな時のことを記憶している”部分を改善していくこと、
      などアプローチが複数あるようです。
      自分も勉強しつつ知識として蓄えるため、詳しくはまたの機会があれば書きたいです。

       


      短期記憶に関してはその場でやることを、必要、不必要、ときっぱり整理整頓して制限していくことが
      ある程度大事であり、それ以外の長期的なやる気や集中力のことに関しては環境や個人差もあるため、
      効果が出そうなことを極端に片っ端からやるのではなく、自分にあったものを選び、仕組みを理解し、
      細かく分解して実行、管理していくというのが良さそうです。

       

       

       


      2017あけました

      0


        新年あけましておめでとうございます。


        2017年が始まりました。
        年末年始はドタバタしますね…。
        そんな中で昨年の反省と今年の抱負を考えてました。


        去年の後半から感じていたのは、近年はネットでの情報量が多すぎること。
        ニュースもエンターテイメントも全部消費する勢いだと忙殺されます。
        見る上でも細かな選択が大量にあると、せっかく寝て貯めた1日分の集中力がじわじわと朝から削れていくのを感じます。
        情報源を厳選して無理のない情報消化としていきたいですね。

         

        今年の抱負は、

         

        ・平穏無事に健康第一

         

        もう一つは自分は完璧主義の癖があるので、そこを少しずつ直していけたらなぁと思い

        ・物事シンプルにこなす

        ということにします。


        もう一つ設定するとしたら、

        ・極力メモをしない

        その時その場で記憶にとどめ、必要なときにその記憶を手がかりに調べて使うということです。

         

        例えば自分の場合制作のためのツール・技術情報など、
        基本的な物はもう十分揃って頭に入ったと思うので、
        足りなくなったら調べて補いに行く、という形で行きます。
        というのも、せっかくブクマやメモ帳にたくさんメモしてもそれを一切見ずに、
        結局記憶を頼りに思い出して検索して解決するのが多かったからです。

         

         

        自分では今までの自分の習慣を全て変えてしまう抱負だと思ってるのですが、
        多分すでに普通に皆行っていることだよなぁと感じます_| ̄|○

         


        あとは部屋の掃除(;´Д`)


        以上です。

         

         

         


        ブラックフライデー戦利品

        0

           

           

          ブラックフライデーで狙っていたものを色々情報探って最安値で買うことが出来ました^^

           

          Embertoneのソロ弦

          https://www.bestservice.de/en/embertone.html

          ユーロ決済で300ユーロですが、VAT抜き価格で252ユーロくらいになり、

          Voyager Drums LEも無料になるのでカートに入れてポチりました。

          本家セールでドル決済で買うよりも4千円安く買えますね。

           

          Marvelous Designer 6

          http://store.steampowered.com/app/528100

          本家だとドルで30%引きで44,000円くらいになってしまいますが、

          steamだと24,500円でフル版が買えました。

          ただしsteam版は次のバージョンのアップグレードはまるごと買い直し。

          しかし他ソフトのサブスクリプション課金が重なってくると、

          こうやって買い切りでアップグレード無理ってほうが維持費を払わざるをえない状況から精神的に解放されるんですよね。

          年間契約はAdobe、Autodesk、Foundryとかあるので…。

           

          セール初期の頃は速攻で買ったりしてたのですが、

          必ず他代理店やプラットフォームの違いとかで更に値下がる情報が出てくるんですよね。

          実質大幅割引セールからさらに合計2万4千円くらい割引出来たので大満足です(゚∀゚)

           

           


          ブラックフライデー2016

          0

             

            今年もやってきました、ブラックフライデー。

            海外での11月週末の大規模な割引セールですね。

             

             

            欲しいものはたくさんあるんですが、年々安さが加速していくので本当にその時必要なもの以外は

            今年は見守るだけにしようかと思います^^;

             

            以下気になるものをメモです。

             

             

            ・CG

            Marvelous Designer

            http://www.flashbackj.com/clo/marvelous_designer/

            http://www.marvelousdesigner.com/

            30%オフです。

             

            3Dの衣装を型紙の形式などから簡単に作れるツールです。

            服はどのソフトでも作れますが、

            モブなどの衣装とか大量生産を迫られたときに使うと効果を発揮する気がします。

            後は海外で服のアセットを作って販売してる人もよく使ってるみたいですね。

            今CG屋さん界隈では多分狙ってる人は多いと思います。

            3Dの服ってアニメーションさせるときの布の割り当てとかの設定、スキンと物理演算の混在とかシワの制御とか

            仕込みが大変でそっちを効率化するツールとか方法って無いですかね…。

             

             

            ・DTM

            Embertoneのソロの弦

            http://www.embertone.com/orangefriday16.php

            40%オフです。

             

            ストリングス音源はすでに持ってるのですが、ソロだけで生音に近い音源持ってなかったりするんですよね。

            現在コツコツと対位法を練習していて、バイオリン、ヴィオラ、チェロなどで主旋律と対旋律をかけ合わせながら

            作り始めるというのをやっていて、けっこう使っていく機会はありそうです。

            音は現状販売されてるソロ弦の中ではかなり高品位でありながら価格もかなり安くてコスパ最強です。

            このEmbertoneのメーカーはセールも過去にあまり開かない中で思い切って今回ブラックフライデーに切り込んできました。

            かなり迷います。

             

             

             

            という感じで現在は上記2点だけを見守っていて、お財布と相談しながら様子見です☆ミ

             

             

             

             

             

             


            夏バテ

            0

               

              なかなか作業でやることが多く更新出来ずにいます(ヽ´ω`)

               

              巷ではポケモンGoが流行って外でスマフォを持って歩いている人みんなポケモン採集されているように

              見えますね。。

              そんな自分もアプリ入れては部屋でじっとして現れたポケモンをゲッツしています。

              家の目の前にポケストップがあるのです。

               

              8割りがドードーです。もうこれでもかってくらいドードー。

              でも何か愛らしいから好きです。

               

              制作の話。

               

              最近3Dソフトで作業をしていて思ったのが、ツールは軽いのが一番、と感じてきました。

              DTMもそうですけど、起動や動作が重いとだんだんとバテていきます。

              待ち時間にボケーっとするというか、勢いが無くなっていきます。

               

              そこで軽く速く、シンプルで使いやすい、最低限機能で出来も良く出来る、

              という三拍子揃った方法を真剣に考え、編み出さないとダメだなぁと思ってます。

              3Dローポリ+最近のLive2Dみたいな2Dを動かすツールなど組み合わせて、

              いかにレスポンスが早い制作環境に近づけるかですね。

               

              絵描きさんが液タブなどで潜り込んで集中して描いているかのごとく、

              全部は描かないけど3Dの良い点、2Dツールの良い点などをうまく寄せ集める感じです。

               

              ・・・クーラー入れて、布団の中でじっくり考えようと思います←

               

               

               


              PCの不調

              0
                 

                先々週あたりからメインで使ってるPCが頻繁に落ちてしまう原因を探ってました。

                PCドクターという診断ツールでも何も異常無し。でも落ちるという。

                それでもってHDDの容量も2TBのうち残り40GBのギリギリで作業してたりしたので、
                追加したSSDを仮想記憶ディスクに指定したりして、
                しかし重い画像系の作業をすると落ちたりするので最初はHDDかグラボ関係が怪しいと
                容量を外付けHDDに移して大きく空けたり、
                グラボの掃除をしたりしたんですが、しばらくそれで落ち着いて安心していたら
                ブラウザを起動してるだけで落ちて原因がますます深刻になりました。

                グラボもGPUでの重いレンダリングすると悲鳴をあげるので新しく買い替えたりするのも
                視野にいれて新しい製品を調べつつ、
                電源やマザーボードとか根本的な部分からおかしいのかとPC内部を開けて調べ、
                まずはほこりの掃除を徹底的にと奮闘します。

                電源の中をネジも取って開けるとほこりが少し多くありました。
                しかし過去に何度か電源内部は掃除はしてるので、これが原因とは考えにくく、
                冷却のファンあたりが異常なのかとCPUのファンを見てみると、
                風を送る向きを逆にして取り付けてました…。

                やけにPCの排気口から風が出てこないとは薄々感じていたのですが、
                これだったんですね…。

                ファンの向きの存在に気づいたのは電源内のプロペラの方向がどっちかわからなくなり、
                スマフォで調べたら方向があることに気づいた次第であります(素人)←

                逆に今までよくこれで普通に動いていたことに感心です…。


                そして冷却のファンがHDDの方にも付いているのでその部分は今までノータッチだったので
                掃除しようとHDDのシャドウベイを取り外し、吸気ファンを見てみると…地獄の光景が。。。

                そこにはほこりで出来た大きな分厚い布団のようなものが・・・!!

                これを見た瞬間、そりゃ落ちるわな!とセルフツッコミを全開でして
                掃除機で全部吸い上げました。

                PC内部のほこりは毎月のように綺麗にしていましたが、
                PC前面の取り外しが固くて開けずにいて、ほこりなんか溜まるはずないだろうと、、
                購入してからこの領域はまったくのノータッチでした。。

                これではPC内部が熱暴走してグラボだろうとHDDだろうとすぐ限界に達して落ちます、、
                逆になぜ今までこれで動いていたのか、という謎だらけ。

                さらにCPUのファンの向きも逆で、熱が篭もる一方で内部のパーツが無事だったのが奇跡です。
                (掃除のときに逆にしていたのだろう…)



                そして完全にほこりを取り除いた後、再びPCを付けて3dsmaxのoctanerenderというリアリスティックに
                レンダリング出来るもので重い3Dシーンをレンダリングしたら…
                グラボの悲鳴の音が全く聴こえない…!(嬉)

                以前まではグラボの悲鳴がなる度にこのPC壊れるなってくらいドキドキしたんですが
                全くの無音ですぐレンダリング完了…。

                これが本来の姿だったのか…と関心しつつ、重い画像を開くにしてもブラウザでたくさんタブを開くにしても
                恐ろしいほどの速さ…。

                購入時は確かこんな感じだったはずなのに、ほこりが積もって熱が篭もる度にじわじわと遅くなっていって、
                その遅さにまったく気づかず慣れてしまっていたのですね…。


                これで安心しましたが、こう浮かれていると次の日ピタッとお亡くなりになるフラグだったりすると怖いので、
                ほこりの掃除は奥の部分までしっかりとすることを誓い、HDDのまるごとバックアップはコマメに
                とっておこうと思います。


                話が少し変わって、
                昨日、CGWorldのブブキブランキのメイキング講座をニコ生で見てた途中落ちて
                重要な情報部分がまったく聴けず、タイムシフトして見るためついにプレミアム課金してしまいました…。
                やはりこういうことが今後重なるとまずいと思って徹底的にPCの中身を覗く気になれて良かったです。


                CG系の講座は見尽くした感があって、大体こうやってるのだろうというやり方をしてると思って
                見る機会を減らしていたのですが、
                今回のブブキの講座を見てたら地味にその手は即取り入れて使いたいって小技がまだまだあって、
                情報収集と勉強はずっと必要だなと思いました。

                しかしニコ生画質的にUIが見にくい部分もあって、どのモディファイ使ってどうオブジェクトを利用したのか
                など完全に見ることが出来なかったりもしたので、次のCGWorldに載ると良いな〜と期待したいです(・∀・)ニヤニヤ


                演出系の解析の記事の方では現在会話のずり上げとずり下げについて考察中です。
                テンポを作るだけのものと軽く見ていたら、
                予想外に面白い部分があることを発見して時間がかかります。
                よって慎重にまとめていこうと思います。


                近所の猫

                0
                   

                  近所を散歩してると民家や道端にたくさんいます。

                  ちょっと耳を後ろにして警戒してる感じだけど、かなり近寄っても逃げないから家猫かな?



                  2016

                  0

                    2016年の始まり

                    今年も始まりました。
                    あけましておめでとうございます。

                    昨年はDTMの方に無意識に注力して、記事的には音楽のことが多かったですね(*´∀`;)
                    音楽自体は大学生の頃からパソコンで音楽を作ろう的な週間マガジンを買って読んでいたの
                    ですが、まずは音楽制作ソフトの操作を覚えることに専念して
                    理論部分のページは読んでましたがすぐ眠くなり、その頃からじわじわと諦めずに何とか繰り返し見て習得してきた感じです。

                    とにかくまずは形の整った音楽を作ることを目標にして、
                    好きな音楽をコピーするように打ち込んでみたりして来た頃から壁が取れました。

                    DTMの週間マガジンを読んでたときは本当は音楽は老後の趣味として取っておこうとしてたのですが、
                    YouTubeでベースのミックス動画を見ていたら低音のEQ処理の解説をしてるんだけど、
                    年を重ねるせいか低音があまり聞こえないぞ?これはまずいと思い、
                    もうちょっと深くやっておこうという感じの流れです。


                    自主制作アニメの音楽も自分で作るのも視野に入れてあります。
                    もう一つはある程度イメージを作って音楽家の方にニュアンスを伝えて作ってもらえたらいいなというのもあります。

                    最近はセールで音源を色々集めたので、それを試す記事も書いてきたいなぁと。



                    2015年まとめ

                    2015年は何か動きが鈍いと感じました。
                    というよりか数年前から何か発信したいことも言いたいこともことごとく抑えこみ、
                    じっとしている感じがします。

                    歴史上の戦争でも、こちらの情報が相手にバレないよう戦ってきたと思うのですが、
                    その情報というのに自分は過度でした。
                    先にネタをとられるというのは、先行者メリットを失うことなので損失でもあります。
                    大きなものを作ってる人は、制作途中を見せたくてもリスクとかインパクトが薄れたりとで色々大変だと思いますが、
                    そこら辺の兼ね合いをうまくしていかないと活動自体の動きが鈍る、ということになるので
                    どの辺りまでは共有していいのかなどの線引を考えていきたいですね。
                    それが本来持っていた自信をどんどんなくしていくことにもつながります。

                    これが今年からの自分の課題であります。


                    また感情的な話としては以下の記事にあるように、

                    http://think-time.club/post-2951/


                    1つは、「言い訳」しないこと
                    2つめは、「バランス」をとろうとしないこと
                    3つめは、「自意識」と「プライド」を捨てること



                    これは本当だなぁと感じます。
                    上記は堀江貴文氏のもので好き嫌い色んなフィルターあると思いますが、どんな生き方でもその人の人生だと思います。
                    人は欲がある生き物なので、それぞれが主張しあって言う所は言う、抑えるべきところは抑えるというのが
                    人間社会で長く生きていくことかなぁと。
                    考えを押し付けることも自由だし、押し付けられるのを怒って跳ね除けるのも自由だと思います。
                    黙ってしまうのが死へ追い込むものとなりえると思います、今も昔も。


                    まったくの他人の偉業なこととかを見て素直に関心する時もあれば、
                    実際交流してる近くの人になればなるほど妬んでしまったり僻んだりするの人の機能ですね。
                    適切な距離を取りながら仲良くしてくれる人たちなら素直に嬉しかったり。
                    自分もそういう気持ちよくあります。というより、人一倍強いかな。

                    公に向けて発信して、昔からの友達や知り合い、ずっと見てくれている誰かがいる以上、
                    そういった攻撃的なものを自分で見せてはまったく関係のない人も気分を害し、
                    書いてる自分も負のスパイラルだと思うのでずっと抑えていました。
                    ちょっとの違いの話し方や書き方で捉え方が変わったりするのは良くありますよね。



                    生まれながらの遺伝子や今まで生きてきた環境とか手持ちの財産とか、そういうので人の心や感情は千差万別なので
                    この社会で嫌な思いをしないで生きていきたいと思う場合は、
                    そういった自分をもやもやさせている原因の気持の切り離しをして強く生きていかなければと思います。


                    「面倒だから、しよう」(渡辺和子著)という本をかいつまんで読んだのですが、

                    『許さない間は相手の支配下にある。自由になるために「思いを断ち切ること」が大切』

                    とあって、確かにと思いました。


                    誰しも生きてれいば常に嫌だったことを考えてイライラしてしまう状態があると思います。
                    しかしそれは自分から切り離すことをしないと、
                    その後の人生頭の中でずっと「自分を悩ませるもの」として住み着き、体を蝕んでいきます。
                    それは多分自分本人が一番望んでいないことでしょう。


                    またそれも反面的に見れば、それだけ執着するというのは相手と自分は複雑に心が通ったとも言え、
                    そう簡単に切り離せないものであるとも言えます。

                    最近「無痛」ってドラマが面白かったのですが、
                    無痛薬を開発してる医者と、
                    「痛みも生きている証だから受け入れることも人生である」といった感じで主張する主人公がいて話が進んでいくのですが、
                    人の痛みの一つである「イライラの状態」が続くのもありだと思います。
                    グチグチ吐いていくことは相手にも気持ちを伝えていることであり、
                    相手もその気持ちに対して様々な形で答えてくることでもあるから。


                    人生をやり直す題材の小説や映画、ドラマやアニメも、泣いて、笑って、不幸と楽しみの山と谷があって面白く感じるのであって、
                    まったくの心が上下しない人生はだんだんと毎日を無気力にしていきます。
                    ここらへんは自分の人生でも痛みを受け入れないとな、と感じています。
                    よく言われている、嫌なら見ない、それもありです。それも続けすぎると、内向的になりやすいです。


                    そして誰かに自分の気持ちを代弁してもらうことを待つことやめ、自分で言っていくこともしていきたい。



                    気持ちを発信する上でも意識したいことは、強い人へ向けても、弱い人へ向けても、適度な距離を取りながら、
                    「人の根っこの気持ちが見えていることが大事」と思いました。





                    実家の田舎の風景です


                    変わらないと思っていたものを変える、それが2016年の抱負です。







                    7月

                    0

                      ウェブ拍手ありがとうございます。

                      更新が減り何か申し訳ない気分です。

                      物語に関連する興味深い考察内容をたくさん書いたのですが、
                      楽しみのインパクトが減ってしまう、
                      ということでオシャカにしました。

                      人生で出せる少ない弾にかける思いです。







                      写真はロケ先の山梨。山があおいです。



                      | 1/4PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM