PCの不調

0
     

    先々週あたりからメインで使ってるPCが頻繁に落ちてしまう原因を探ってました。

    PCドクターという診断ツールでも何も異常無し。でも落ちるという。

    それでもってHDDの容量も2TBのうち残り40GBのギリギリで作業してたりしたので、
    追加したSSDを仮想記憶ディスクに指定したりして、
    しかし重い画像系の作業をすると落ちたりするので最初はHDDかグラボ関係が怪しいと
    容量を外付けHDDに移して大きく空けたり、
    グラボの掃除をしたりしたんですが、しばらくそれで落ち着いて安心していたら
    ブラウザを起動してるだけで落ちて原因がますます深刻になりました。

    グラボもGPUでの重いレンダリングすると悲鳴をあげるので新しく買い替えたりするのも
    視野にいれて新しい製品を調べつつ、
    電源やマザーボードとか根本的な部分からおかしいのかとPC内部を開けて調べ、
    まずはほこりの掃除を徹底的にと奮闘します。

    電源の中をネジも取って開けるとほこりが少し多くありました。
    しかし過去に何度か電源内部は掃除はしてるので、これが原因とは考えにくく、
    冷却のファンあたりが異常なのかとCPUのファンを見てみると、
    風を送る向きを逆にして取り付けてました…。

    やけにPCの排気口から風が出てこないとは薄々感じていたのですが、
    これだったんですね…。

    ファンの向きの存在に気づいたのは電源内のプロペラの方向がどっちかわからなくなり、
    スマフォで調べたら方向があることに気づいた次第であります(素人)←

    逆に今までよくこれで普通に動いていたことに感心です…。


    そして冷却のファンがHDDの方にも付いているのでその部分は今までノータッチだったので
    掃除しようとHDDのシャドウベイを取り外し、吸気ファンを見てみると…地獄の光景が。。。

    そこにはほこりで出来た大きな分厚い布団のようなものが・・・!!

    これを見た瞬間、そりゃ落ちるわな!とセルフツッコミを全開でして
    掃除機で全部吸い上げました。

    PC内部のほこりは毎月のように綺麗にしていましたが、
    PC前面の取り外しが固くて開けずにいて、ほこりなんか溜まるはずないだろうと、、
    購入してからこの領域はまったくのノータッチでした。。

    これではPC内部が熱暴走してグラボだろうとHDDだろうとすぐ限界に達して落ちます、、
    逆になぜ今までこれで動いていたのか、という謎だらけ。

    さらにCPUのファンの向きも逆で、熱が篭もる一方で内部のパーツが無事だったのが奇跡です。
    (掃除のときに逆にしていたのだろう…)



    そして完全にほこりを取り除いた後、再びPCを付けて3dsmaxのoctanerenderというリアリスティックに
    レンダリング出来るもので重い3Dシーンをレンダリングしたら…
    グラボの悲鳴の音が全く聴こえない…!(嬉)

    以前まではグラボの悲鳴がなる度にこのPC壊れるなってくらいドキドキしたんですが
    全くの無音ですぐレンダリング完了…。

    これが本来の姿だったのか…と関心しつつ、重い画像を開くにしてもブラウザでたくさんタブを開くにしても
    恐ろしいほどの速さ…。

    購入時は確かこんな感じだったはずなのに、ほこりが積もって熱が篭もる度にじわじわと遅くなっていって、
    その遅さにまったく気づかず慣れてしまっていたのですね…。


    これで安心しましたが、こう浮かれていると次の日ピタッとお亡くなりになるフラグだったりすると怖いので、
    ほこりの掃除は奥の部分までしっかりとすることを誓い、HDDのまるごとバックアップはコマメに
    とっておこうと思います。


    話が少し変わって、
    昨日、CGWorldのブブキブランキのメイキング講座をニコ生で見てた途中落ちて
    重要な情報部分がまったく聴けず、タイムシフトして見るためついにプレミアム課金してしまいました…。
    やはりこういうことが今後重なるとまずいと思って徹底的にPCの中身を覗く気になれて良かったです。


    CG系の講座は見尽くした感があって、大体こうやってるのだろうというやり方をしてると思って
    見る機会を減らしていたのですが、
    今回のブブキの講座を見てたら地味にその手は即取り入れて使いたいって小技がまだまだあって、
    情報収集と勉強はずっと必要だなと思いました。

    しかしニコ生画質的にUIが見にくい部分もあって、どのモディファイ使ってどうオブジェクトを利用したのか
    など完全に見ることが出来なかったりもしたので、次のCGWorldに載ると良いな〜と期待したいです(・∀・)ニヤニヤ


    演出系の解析の記事の方では現在会話のずり上げとずり下げについて考察中です。
    テンポを作るだけのものと軽く見ていたら、
    予想外に面白い部分があることを発見して時間がかかります。
    よって慎重にまとめていこうと思います。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM