Neutron

0

     

    久しぶりの記事になってしまいました。

    少し時間を見て、今DTMerの方々の間で話題になっているiZotope社のNeutronを試してみました。

     

    すごく簡単に言うと、「綺麗なミックスの手助けをしてくれる」プラグインです。

     

    Neutronの目玉のアシスタント機能というのが、曲全体の音を聞いて、

    各トラックに適切なEQやコンプを設定してくれるというものです。

    まるで人工知能のような感じですね…。

    またマスキングという機能は、他の指定トラックの音とかぶっている帯域を削ってくれるというもので便利です。

     

    ミックスに関してまだまだ勉強が必要な場合にNeutronがEQの設定を提示してくれて教科書のような役割をしてくれます。

     

    一通り過去に作り溜めてる曲で試してみて、ポップス系がよく効果を発揮すると感じました。

    ミックスでの音のこもった感じを解消してドンシャリにしてくれるような、クリアに音圧を上げてくれます。

     

     

    今回も習作でポップスのサビを作ったので、これにNeutronを適用しみました。

     

    各トラックにNeutronを挿したもの。

    ポップスのサビ(Neutron使用)

     

     

    以下はミキサーの各トラックにEQとか挿さないでマスターにL1だけで音圧を上げたもの。

    ポップスのサビ(ドライバランス+L1)

     

    Neutronを挿した方は各トラックのEQがいい感じに設定され、クリアに音圧が上がりドンシャリ感が増しています。

    Neutronを使わずドライバランスだけのものをL1で音圧を上げても、やはりこもった音の感じで

    オケの各楽器の音も聴こえづらいです。

     

    ミックスはまだまだド素人の自分にとっては少しでもEQの設定を参考に出来てとても満足です^^

    Breaktweakerというのを持っていたので、どうせならとMusic Production Bundle 2へのクロスグレードを

    購入しました。Neutronはもちろん、他のノイズ処理系の優秀なプラグインも含まれていてビデオ編集での音処理にも

    大いに使えると思います。

    Music Production Bundle 2へのクロスグレードはTime+Spaceという海外の代理店でポンド決算で

    買うとすごい安かったです。

     

     

    Neutronで毎回ミックスを済ますことはせず目安として使っていき、

    これからEQやコンプなどの設定の本、ミックスの本を見て合わせながら

    良い音質になるよう身につけていこうと思います。

     

    自分はその前に曲のアレンジが大事ですけどね…←

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM