自由自在作曲

0

     

    メロディーが頭に浮かんで打ち込むとき、必ずしもCメジャースケールでない場合が多く、
    メロディーも途中で転調したり部分転調などが多い場合、スケールとそのスケールのダイアトニックコードを確認して…
    とやってると混乱してきますよね。

     

    そこで最近ダイアトニックコードを意識せず、
    脳内で鳴っている音をそのまま対旋律や伴奏の音からのヒントで得られるコードを
    入れ込んでいくやり方がやりやすいと感じました。
    コツはまずメロディーの音を仮にコードの5thの音としてダイアトニックコードの根音を見つけ出し、
    メジャーコードかマイナーコードかにして音の重なりが脳内のイメージ通りか確かめます。
    合わなければメロディーを3rd、1stと捉えてコードを打ち込んでいくとスケールとケーデンスが見えてきます。
    また7thや6thやaug、dimなどもメロディーの音として捉え、滑らかなつなぎにしようとするのも良いかもしれません。
    むしろここらへんをバンバン使えるようにしたほうが玄人っぽく、大人っぽくもなる気が…。

     

    最初メロディーを無理やりCメジャーで作ってたとして、途中から転調する場合もこのやり方で
    コードをGm、Fm、Cm、A#m、と音が合う感じで入れてくると、これはCmスケールだなと分かってきたりするわけですね。
    ということは最初から何のスケールかわからずFメジャーとか別のスケールで作り始めてる場合もこのやり方をすれば
    打ち込んでいくコードの情報から明確にスケールが分かってきます(慣れてくるとメロディーのノート配置だけでピンとくる)。

     

    しかし昨今の曲では別のスケールの音がバンバン入り込んでくるので、あまりスケールも意識せず
    イメージと合うコードを連ねていくのが良いかと思います。

     

    イメージの通りの自由自在な作成手順としては、

     

    メロディー→対旋律→クリシェを意識したベース→コード→全体アレンジ

     

    という流れがダイアトニックコードに縛られすぎず、新しいコードやモーダルインターチェンジなどがたくさん盛り込めて
    音楽性の高い曲になっていく気がしました。

     

    また自分の場合、鍵盤で弾いてメロディーを作り始めるとその音に引っ張られすぎて、
    脳内で鳴っている音のスケールとかコードがずれてくるので、
    頭で鳴っている音をなるべく一発で慎重に鍵盤のどこの音か当ててから、思った通りの音を打ち込んでいく、
    というクイズみたいなやり方でやるようにしました。

     

    これで慣れて鍵盤の音とその位置が掴めるようになってくれば、ペンタブや液タブで絵を描くかのごとくに
    仮打ち込みが捗るような気がします^^
    ゴールはMIDIキーボードを手と足のような状態にすることですね。
    鼻歌でマイク入力してからのトレース的な打ち込みでもいいのですが、
    それをマウスで打ち込み直すというのはマウスで絵を描くことに近いのではないかと思った次第であります。

     

    音楽家の方々の個性の一つとして、対旋律の作りがかなり個性を決定付けるものと感じてます。
    あまり対位法が音楽の学校でも取り扱われにくい点も、個性で色々と変わってくる部分だからなのかなぁと。

     

    市販の楽譜を見てると、Cメジャースケールの曲でなぜここにF#dimが来るのか…でも綺麗に聴こえる…というような謎も、
    そのカウンターメロディーやそのベースのクリシェがあるからそのコードが決定されている、とわかります。
    ダイアトニックコードでは補えない部分にそれら要素から構成される音でスケール外のコードが決まってくるわけですね。

     

    これプラス、ケーデンスでの音の連なりの雰囲気(ローマ数字)を意識していくと、
    さらに自由自在な作曲になってくる気がします。
    セカンダリードミナントや裏コードとかの話が入ってケーデンスも混乱もしてきますが、
    慣れればそれも体系的に見えてきそうです。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM