Pencil+4&OpenToonzなど

0

     


    Pencil+4


    https://www.psoft.co.jp/jp/product/pencil/3dsmax/

     

     

     

     

     

     

    最近はゲームなどでリアルタイムでトゥーンでもかなりいい具合で濃いビジュアルなものもたくさん実現してきています。
    UnityやUE4をすぐ使いこなすのは難しいですが、今まで使ってきた3dsmaxやMAYAでも
    プラグインの進化でリアルタイムに綺麗なトゥーンレンダリングを確認出来てきている状態なので、
    これをちょっと応用した制作が出来ないか考え中です。

     


    Pencil+4の動画を見ると前髪の透過など良い感じですね。
    実際の髪の毛の透過はプレビュー画面じゃなくてレンダリングをしないと確認出来ませんが、
    オブジェクトIDなどの素材を使ってAEのコンポジットで透過もどきも出来るので、
    現場でも最低限のベタ塗りセルルックの最終状態が確認出来てれば応用を重ねて制作が早くなっていくと思います。

     


    特効的な処理のためのセルルックに重ねるテクスチャも高速なスキャンラインで黒ベタなどをベースにして素材を出したり、
    ハイライトやフレネルもある程度素材を別にして出して合成したほうがコンポジットでの作り込みがしやすいです。
    餃子の王国TVCMのAutodeskメイキング動画でFusionを使ってかなり自在に絵をコンポジットで作れていたので、
    これも時間を見ては少し触ってみたいですね。

     

     

    ノウハウがかなり貯まってくると思うのですが、
    これらを全部掌握して複数工程を短時間で連続でやるとワーキングメモリがすぐイッちゃいます。


    最近それを解消する方法を探って編み出したのが、
    ファイルのオープンクローズが手間かもしれませんが
    同じ処理工程を最低1時間くらいぶっ通しで出来るように
    手配してやるとかなり捗るのでオススメですヽ(´ー`)ノ

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM