PhysX

0


    最近はリアルタイムでトライアンドエラーやシミュレーションが
    既存ツールで手っ取り早くストレスフリーで早く出来ないか試しています。


    そんな中で実践で使う可能性が高いのは・・・


    GameWorks PhysX Overview | NVIDIA Developer
    https://developer.nvidia.com/gameworks-physx-overview
    APEX Clothing 3dsMax Tutorials | NVIDIA Developer
    https://developer.nvidia.com/apex-clothing-3dsmax-tutorials


    PhysXという昔からあるプラグインです。


    どんなことが出来るかと言うと、
    衝突判定付きの物理シミュレーションがリアルタイムで3dsmax内などで出来てしまうといった感じです。
    服や髪でけっこう使える感じで、体のボーンでの衝突判定とかにも役に立ちます。
    また肉に食い込む感じも出来ます。


    今年のはじめ頃に触ってそのすごさを実感していたのですが、
    布地+モーフというやり方で制作を進めて保留していました。


    保留していた理由がDynamicRigなどで揺れ動いたボーンが完全静止した時に
    物理シミュレーションも完全に静止させるのが難しかったので(じわじわと弱風にたなびいて揺れ動いている感じ)、
    例えば作画っぽく止めが入る場合にベイクしたキーをその都度削除して…という手間みたいなのが発生するので敬遠してました。
    止まるときは止まるんですが止まらないときは永遠に止まらないという、
    無理やり設定で完全静止するのにボーンのコンストレイントのモディファイアを1つ1つ潜って
    細かく設定するということになり、つかみにくい印象を受けたのです。


    しかしながら布地でのシミュ時間の長さに比べるとPhysXはリアルタイムなので圧倒的速さで、
    ベイクしてキーを上手く調整、あるいはベイクせず何かしらの方法で止めやループを実現すれば最強になると判断。
    PhysXを触り続けてると従来のシミュレーションの待ち時間の蓄積がけっこう制作時間に響いてくるのを実感してきます。
    なので少しずつ組合せをためして実践で投入出来るように出来れば…。


    公式のNVIDIAのダウンロードページからフリーでダウンロード出来て
    3dsmax2011からでも使えてサブスクリプション止めてる方や会社でも大いに使えると思います。


    いじくり倒して慣れるまでちょっと癖がありますが…ソフトボディや衝突判定有りの物理シミュレーションとして
    最強な気がします。
    ・・・しかしなぜかあまり使ってる人が検索で出てきません。
    ゲーム会社とかでの使用例などは見ますが、プリレンダでのアニメーション制作でも広まると良いですね。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM