CF2.5の小技と近況

0
     
    どうも、最近出没が激レアなホウジョウです。
    (レアガチャなら★4つくらい)

    リアル世界では秋の狩猟と木の実採集で大忙しです。
    マンモスを倒して冬の保存食にしたいなぁと
    日夜、身を削りながら作業に励ん(ハゲん)でいます。

     彡⌒ミ
    (´・ω・`)

    (↑今流行ってる顔文字)

    ・・・という感じでフリーランスでサバイバルを生き抜く
    実生活のほうを優先してます。
    なかなかサイトの絵などは描けてませんが
    また続きでCF2.5のネタを投稿します。

    前回の記事の動画プレーヤーのほうはひと通り完成したので、
    同人とかのアプリケーションのほうで使おうと思います。

    その中で特に注意した点を記述していきます。

    http://www.clickteam.jp/
    まずこのCF2.5、ソフト特有の癖が相当ありますが
    さくっと形にしたいときは便利かなぁと思います。

    自分はDev版を使っていますが、
    このDev版で必ず使いたいのが「データグリッド」というものです。

    エクセルみたいなセルで情報を管理でき、記入した文字や数値を参照したりできます。

    エクセルで画像や動画一覧みたいなものをリスト化してそれをそのままコピペして
    あとはデータグリッドオブジェクトにアクセスして引き出します。

    アクティブオブジェクトなどをグローバルにして変数を管理すれば、
    異なるフレームから対象のフレームに数値を渡してセルの情報をすぐ読み込めます。

    これで便利なのが、
    例えば、サムネイルをクリックして動画再生をするシーン一覧のフレームに
    グローバルにしたアクティブを配置して
    サムネイルをクリックするとそのカット番号をアクティブの変数に格納させます。
    そのままフレームジャンプのアクションをして移動先のフレームで
    その数値(行番号など)でデータグリッドにアクセスします。
    そのアクセスしたセル情報(s001_002.wmvなど)で、Active Direct Showで
    動画ファイルの読み込みをします。
    相対パスで読み込むなら、数式を使って、

    Apppath$ + "data" + "/" + Text$( "データグリッドオブジェクト", 変数 A( "datag行変数" ), 1 )

    など記述します。

    Apppath$ はアプリケーションのパス、

    "data"はその実行ファイルがあるフォルダにあるdataという名前のフォルダ、

    Text$( "データグリッドオブジェクト", 変数 A( "datag行変数" ), 1 ) は、
    先ほど説明したアクティブの変数Aをデータグリッドの行数番号として、1行1列目の情報を
    持ってくるという意味です。

    わざわざアクティブを挟む形でここに変数を入れるのは、
    このデータグリッドオブジェクトがグローバルに設定出来ないからです。。
    フレームが分かれて同じデータベースを管理したい場合、
    データグリッドの修正が地味というかかなり面倒です←致命傷^^;


    またこれだけは抑えておきたいテクニックというのが、
    「通し番号」です。

    シーン一覧でサムネイルのアクティブをコピペしてそこに
    カット番号に対応したサムネイルを1つ1つ入れて・・・
    1つ1つアクセスするときのアクションを設定して・・・
    なんてしてたら追加カットやカット削除したときずれてまた全部
    やり直しとか地獄を見ます。

    なので、アクティブを「複製」して変数Aに「通し番号」を設定します。
    それでアクティブのアニメーションフレームに1カット目から最終カットまでのサムネイルを
    一括で読み込みます。
    それでフレーム開始の条件で、アニメーションフレームを変数Aに強制変更してあげれば、、
    複製したオブジェクトに順番に異なるサムネイルがしっかり読み込まれます。
    またクリックしてそのサムネイルの動画に飛ぶ場合は、
    フレームジャンプする前、先ほどの行番号のための変数に
    このアニメーションフレームの番号+1とか入れてあげれば、
    その番号のカットに飛べます。
    これでカットの追加があっても変更したサムネたちを
    アニメーションフレームを読み込みなおしてあげて、
    データグリッドのほうもセルをずらしてとかしてあげればすぐ修正完了します。

    多分これが一番記述も少なく修正も一瞬で終わるシンプルでスマートなやり方です。

    これを応用すれば、ユーザー自身がカットのサムネイルの入れ替えして
    再生順序を決定出来るとかのカスタマイズができると思います。


    すごい便利な部分と、ちょっとややこしい部分があるので
    慣れるまでは辛抱ですね。。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM